不快な口臭と唾液の働き!生活習慣に気をつけよう

健康状態が悪くなると、口臭は不快な臭気になることが多いので、体調を確認する目安にすることができます。

また、中高年層の人は加齢による老廃物の蓄積で不快な口臭を発生させることがあるため、日頃から健康状態を確認しながら、新陳代謝の活性化を図ることが重要になります。

特に虫歯や口内炎など口の中に疾患があると、唾液が汚れて悪臭が出る原因になるので、良好な状態を維持することが口臭予防の心得です。

唾液の働きについて

唾液は、雑菌が繁殖する原因になる口内の乾燥を防ぐ効果があります。

また、汚れの洗浄も唾液が持つ特徴の一つですが、通常は絶えず分泌されているので唾液そのものはほどんど汚れず、悪臭が生じることもありません。

しかし、体調不良や口内の疾患などの原因で唾液の分泌量が減少すると、雑菌や老廃物が唾液を汚染してしまうことがあります。

汚れた唾液が口内に残留することで生じた悪臭が不快な口臭となって体外に排出されることから、口内の潤いを保って汚れの蓄積を防ぐのが効果的な対処法です。

また、歯に付着した歯石などの汚れも悪臭の発生源なので、歯磨きやうがいを続けても悪臭が消えない場合は医療機関で検査を受けるように心がけます。

病状によって効果的な対処法が異なるので、素人判断は避けて必ず医師の治療を受けることが体の具合を良好に保つための条件です。

唾液の分泌と生活習慣の関係

口臭が不快になる原因は体調不良の他に食事のメニューや嗜好品の摂取など、生活習慣も大きく関わってきます。

香辛料や刺激の強い食べ物は口内に微小な傷を作り、細菌の感染によって炎症が生じて悪臭が発生することがあります。

酒類やコーヒーなどの嗜好品は、成分が歯や舌にこびり付くことで不快な臭気を放つため、摂取した後は入念に口内を洗浄することが大切です。

また、タバコのヤニも口臭の原因になるため、生活習慣を見直して不健康な行為は避けることが重要になります。

歯磨きやうがいは口内を清潔に保つ効果的な方法ですが、過度に繰り返すと粘膜が傷ついて唾液の分泌量が減ってしまいます。

そのため、専門医の指導を受けたうえで適度な回数に留めるのが健やかな状態を保つ秘訣です。