口臭のもとになる舌苔の原因や除去する方法について

舌苔(ぜったい)とは、舌の細胞に多くできた角質に細菌などが溜まって白く見えているもので、口臭の原因となる場合があります。

特別な治療は不要ですが、舌苔が口臭の原因となっている場合は舌を舌ブラシで磨くという方法があります。

舌苔が生じる原因

舌苔が生じる原因の1つとして細菌があり、舌の溝に口の中の細菌が入り込んで溜まることで生じます。

また、口臭の主成分の1つである硫化水素は、細菌によって上皮のかすや食べかすが腐敗することで生じます。
硫化水素が生じる環境によって舌苔は生じやすく、口臭の大きな原因です。

他には、口呼吸をすると乾燥するので舌苔が生じやすくなり、乾燥することで汚れがこびりつくので除去することが難しくなります。

精神疾患の薬や高血圧の薬の中には、副作用で唾液の分泌量が少なくなるあるものがあり、薬の副作用や全身の病気やストレスが原因で唾液の分泌量が減少すると舌苔が生じます。

他には、舌の運動機能が低下することで舌苔が生じる場合もあります。
寝ている間に唾液量が減って舌の動きも悪くなると、舌に汚れが溜まりやすくなって朝の口臭もひどくなります。

病気の人や高齢者は舌の動きが悪くなったり機能が低下したりすることで、舌の表面の汚れが一層落ちにくくなります。

舌苔を落とすためにはどうすればいい?

舌は上顎についているというのが正しい位置で、上顎と舌苔ができる位置が絶えず擦れるので汚れを落とせます。

しかし、口呼吸や受け口が原因で舌の位置が低い人は、こすることによって舌の汚れを落とすということができません。

他には、ステロイド薬や抗生物質を長期間継続的に服用すると、口腔内に生息する細菌の種類が変わって黒毛舌が見られる場合があります。

舌ブラシを使用する場合は、水にぬらしてから鏡で確認できる一番奥に軽く当てて、力を入れ過ぎないで手前に引くことがポイントです。
息を数秒間留めながら行うと、吐き気を防ぐことができます。

舌みがきは舌の粘膜を傷つけないために起床時に1回だけ舌ブラシを使用すれば十分で、歯ブラシを使用すると舌を傷つける可能性があります。