すぐできる!口臭が気になるときの口腔内ケア

何気ない会話を友人や職場の上司などとしている時に、口臭が気になる瞬間がありませんか?

自分の口臭の臭いは大丈夫なのか、ケアはちゃんと出来ているか不安になるかもしれません。
口臭が気になってしまい、会話に集中できないときもしばしばあると思います。

口臭の原因の一つは、口の中が乾いていることが考えられます。

口の中が乾いている時は唾液の分泌が悪くなり、口内に臭いの元となる雑菌が増殖してしまいがちになります。それが口臭の原因になります。

では、口臭のケアはどのように行えばいいのでしょうか。

口臭が気になるときの口腔内ケア

まず、朝食はちゃんと食べるようにしましょう。

朝食を抜きがちになると唾液の分泌が悪くなります。口臭をケアする上で大事なのは唾液の分泌をよくすることです。
唾液には殺菌作用があるため臭いを気にするうえではとても大事なことです。

また、口が乾いたときは緑茶を飲むこともおすすめ。

緑茶にはカテキンが多く含まれていて、口腔内のケアには大変役立ってくれます。カテキンには殺菌作用が強く働いてくれるために口内のケアをするには大変重要です。

私自身、口臭臭いが気になる時にはこの緑茶を飲んだりします。
それでも気になるときは、緑茶で口をすすぐと口の中もさっぱりして臭いも抑えてくれます。

胃の環境が口臭に影響することもある

それでもダメな時は、口内の環境ではなく胃の環境が悪い時もあります。

食べ過ぎたりお酒も大量に摂取した時など、次の日朝から口内の臭いがきつくなりがちになります。
その場合のケアは胃薬を飲むなどして胃の中の環境を整えてあげましょう。

それでも気になるのであれば、噛まずに飲むタイプのブレスケアなどを服用することがおすすめです。
胃が原因であれば胃の環境を整えて、ブレスケア等も服用すると口の中もさっぱりします。

この他にも梅干しを毎日の食生活に取り入れるのも良いでしょう。

梅干しにも緑茶と同じ様な殺菌作用があります。
特に梅干しには唾液の分泌をよくしてくれる作用もありますので、口内のケアには最適な食材と言えます。